いすみ市と協定提携(被災建物の安全確認について)

首都圏直下型地震がいつ発生してもおかしくない状況にあります.地震が発生した際,被災した建物について,継続して使用できるかどうかの建築士による判定業務(以下,応急危険度判定)について,本会(千葉県建築士会夷隅支部)は,いすみ市と協定を締結しました.その締結式がいすみ市役所で行われ,その時の様子が,2017年11月7日付の千葉日報に記事として掲載されました.画像中央が太田市長,向かって左が青柳雅明千葉県建築士会夷隅支部支部長.

20171108協定締結記事 (1)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中